妊娠線を消すケアと治療・予防クリーム

妊娠線を消すケアと治療・予防クリームはこちら ⇒⇒⇒ 人気・売れ筋の妊娠線予防クリーム【Yahoo!ショッピング】

妊娠線予防のためのの基礎知識

妊娠線とは、妊娠によって皮膚に現れるみみず腫れのような線のことです。妊娠線は妊娠初期以降(おなかが大きくなり始める6カ月ごろ)、またはつわりが終わり急激に体重が増加する頃に出始める傾向があり、少し見えにくい下腹部あたりに出始めます。またこの時期は乳房や太ももにも妊娠線(赤い線)が出ることがあります。


乳房にできる妊娠線は乳輪を中心に放射状に現れやすく、太ももも同じく放射線状になります。皮下脂肪などが厚いと皮下組織の弾力性がなくなるので妊娠線が出やすく、また小柄でおなかが突き出やすい人、双胎の場合、経産婦にも出やすいといわれています。


妊娠線が最も現れやすいのがお腹で、急にお腹が大きくなるのに表皮の下の真皮と皮下組織がついていけず、亀裂ができることで線のように見えるのです。妊娠線はお腹だけではなく、乳房や太ももにも現れることがあります。皮下脂肪が多いと妊娠線ができやすいので、あまり太り過ぎないようにすることが大切。急激に体重が増えるのを留めることで、妊娠線だけでなく中毒症の予防にもなります。


妊娠線はある程度個人差はありますが、妊娠線はつわりが終わり急激に体重が増えてくる頃にでてきます。早い人なら妊娠4ヶ月ほど、遅い人でも7ヶ月ほどで妊娠線が現れてくるようです。同時期に乳房や太ももに妊娠線が現れる人も。お腹は縦に線が入りますが、乳房と太ももは妊娠線が放射状に現れることが多いようです。

妊娠線の予防とケア・妊娠線予防クリーム

妊娠線が残らないようするためには、妊娠中からのケアと予防が大切です。お腹が出てきたなと思ったら、妊娠線予防クリーム(マドンナ クラランス ボディバターほか)をつけて優しくマッサージしてあげましょう。妊娠中に太り過ぎないように気をつけることも大切です。それでも妊娠線ができてしまったら、美容外科や皮膚科、婦人科などの病院で治療することもできます。


妊娠線予防のケアで大切なのは乾燥を防ぐことです。顔が乾燥するとしわができるのと妊娠線もそれと同じです。乾燥を防ぐのには妊娠線予防クリームを付けてのマッサージが一番です。気になる部分に妊娠線予防クリームを伸ばし、手のひらで優しく円を描くようにマッサージしましょう。お風呂上りにやると特に妊娠線の予防・ケアに効果的です。


妊娠線予防のケアでのマッサージクリームで有名なものとしてはナチュラル馬油があります。ナチュラル馬油は人の皮脂に近い天然のオイルで、浸透力と保湿力は抜群。妊娠線だけでなくオムツかぶれにも使え、アトピー性皮膚炎や肌が敏感な人にもおすすめです


また、ママのスキンケアブランドとして有名なマドンナには、妊娠線ケア専用のクリームがあります。優しく伸ばすだけで肌にすーっと浸透し、マッサージ不要。べたつかないので使った後にすぐ服を着られるのも嬉しいメリットです。かさつく妊娠中の乳頭にはおっぱい専用のクリームがおすすめです。ほかにも妊娠線予防クリームとしてはクラランスやボディバターが有名です。


妊娠線を消すケアと治療・予防クリームはこちら ⇒⇒⇒ 人気・売れ筋の妊娠線予防クリーム【Yahoo!ショッピング】

妊娠線・肉割れを消すためのレーザー治療

妊娠線を消す(目だたなくする)方法としてレーザー治療があります。脱毛や美肌などでおなじみのレーザー治療は、妊娠線にも効くようです。


レーザーを照射して肌を活性化させ、妊娠線そのものが消えることはありませんが、コラーゲンの再生により妊娠線が目立たなくなります。妊娠線を消すレーザー治療では皮膚のコラーゲン再生を促進しお肌をなめらかにしていくので保湿効果にもつながります。


また妊娠線のレーザー治療の時間は短時間ですので日常生活の制限はほとんどなく治療できます。妊娠線のレーザー治療にも炭酸ガスレーザー/Vビームなどいくつかあるので、妊娠線を消すための治療を受ける前によく医師と相談してからにしましょう。